住宅・低圧産業用

住宅・低圧産業用パワーコンディショナ電子カタログP27-P35 参照

デルタ電子の住宅・低圧産業用パワーコンディショナは、先進のマルチストリング回路の搭載により、システム設計の自由度を高めつつ、太陽光で発電した電力を効率よく交流変換します。
新開発アルミダイキャスト・モノコック筐体が、優れた冷却性能と、IP65相当の防塵、防水性能、軽量化を実現しています。

2020年モデル・ラインアップのご紹介

屋外設置マルチストリングパワーコンディショナ3つの新基準
①パフォーマンスを極める定格力率0.95のラインアップ
②シリーズ最大変換効率97.7%
③重塩害地設置標準対応(直接海水がかかる場所への設置は不可)

H4J_220

H4J_220

4kW 2回路
定格力率0.95

  • 住宅/産業用
  • 自立運転機能
H4.5J_230

H4.5J_230

4.5kW 3回路
定格力率0.95

  • 住宅/産業用
  • 自立運転機能
H5.5J_230

H5.5J_230

5.5kW 3回路
定格力率0.95

  • 住宅/産業用
  • 自立運転機能
H6J_240

H6J_240

5.9kW 4回路
定格力率0.95

  • 住宅/産業用
  • 自立運転機能
H5.5J_223

H5.5J_223

5.5kW 4回路
定格力率0.95

  • 産業用

住宅・屋内隠蔽配管に対応

キャビネット左隅に本体背面からケーブルを引き込めるよう開口部を設けました(H5.5J_233は除く)。太陽電池や宅内分電盤からの配線を壁内隠蔽すれば、すっきりとした外観を保つことができます。

定格力率0.95・変換効率96.5~97%を実現

定格力率0.95をベースに回路設計を全面的に刷新、さらに高い変換効率をめざしました。
定格変換効率(JIS C8916準拠)は96.5%~97%を実現、シリーズ最高変換効率は97.7%を実現しました。

力率、入力容量に左右されずほぼ全域で97%以上の高効率を実現。
※評価試験機によるテストデータで、実際の効率を保証するものではありません。

太陽電池の発電量をさらに引き上げる12A スーパーワイドレンジ30Vdc-450Vdc入力

太陽電池の高効率化に対応、直列毎の最大入力電流容量を12Aに向上(当社比20%アップ)。両面モジュール(※1)にも対応することができるようになりました。最低動作電圧は30Vdcに低減、夜明け、夕方の発電量を拾い上げます。また、複雑な屋根面を持つ住宅システムにも柔軟に対応できます。

(※1)12Aを超える出力電流は入力されません (※2)H5.5J_223は最大出力480V

スーパーMPPT搭載

MPPT(最大動作点追尾機能)は、刻一刻と変化する環境に対応、太陽電池の発電力を最大限に引き出します。しかし高電圧域での入力制限によって発電ロスが発生することがありました。スーパーMPPTは入力制限を解消、動作電圧全域で最大12Aの電流を入力することができるため(※3)、高電圧域での発電ロスを解消し、生涯発電量を向上させます

(※3)入力電力量の合計がパワーコンディショナの変換容量を超える場合、入力制限されます。

筐体はさらにコンパクトに逞しく進化しました

重塩害環境に耐える堅牢性を維持しつつ、優れた放熱性能を生み出すアルミダイキャスト・モノコックボディ。さらに、当社モデル比80%のコンパクト設計、重塩害地域設置、業界トップクラスの耐塵・防水性能(IP65)を実現。回路レイアウト、放熱処理性能、気密性を極めつつ、パフォーマンスを追求した結果たどり着いた、デルタ独自の3次元設計技術の粋がここにあります。

本体高さ346㎜/業界№1の低スリム設計(※4)

屋外設置・住宅/産業用パワコンとして高さを抑えた業界№1の低スリム設計。設置スペースが限られた低角度の平地用架台への一体設置に適しています。施工・メンテナンス性を高める、大きく開く「前面開閉扉」「ドローラッチ・ロック機構」は、NEW-Hシリーズに標準採用しました。

(※4)2020年1月末時点、当社調べによる。

メンテナンス・施工性を高めるファインデザイン

大きく開く「前面開閉扉」のためビスやドライバーが不要。さらに、ぴったり閉まる「ドローラッチ・ロック」機能を取り入れました。10数年以上にわたって長期運転する機器だからこそ、施工の容易性やメンテナンス性に気配りしたファインデザインに仕上がっています。

高積載にこだわる220%対応 「H5.5J_223」 5.5kW低圧50kWシステム

H5.5J_223は、低圧・50kW市場に特化し、1回路24AのDC/DCコンバータを2回路搭載、12A/4回路入力とし、さらに最大システム電圧を当社従来機の450Vから一回り大きな480Vとすることで、最大積載量220%(※5)を実現しました。

(※5)最大積載率(過積載率)は、50kW ACシステムを構成した際のモジュール枚数を180枚(モジュール:6インチ結晶セル60直、最大動作電流1pm 10A)とした場合を100とし、-10℃でのモジュール解放電圧を43Vとした場合の最大接続枚数の比率で計算。

「H5.5J_223」を9台、傾斜角10度、6インチセル60値モジュール
横置き4段架台(積雪50cm)に配置したイメージ図

住宅・低圧産業用パワーコンディショナの トップエンドモデル「PRI H10J」

PRI H10Jの5つの特長

  • ①定格容量9.9kW、高変換効率96.5%
  • ②力率0.9、9.9kW出力対応(最大容量11.0kVA)
  • ③高信頼のアルミダイキャスト・モノコックボディ
  • ④大きな屋根面や複雑な屋根面に対応する
    6回路マルチストリング
  • ⑤停電時に活躍する2回路自立運転出力
PRI H10J

RPI H10J

9.9kW 6回路 MPPT
定格変換効率 96.5%
最大容量 11.0kVA

  • 住宅/産業用
16.5kWパワーコンディショナ
三相低圧産業用パワーコンディショナ
M16S(自立運転機能搭載)
定格変換効率96%
2回路マルチストリング
6回路入力

200V(3kW)出力対応、自立運転機能を標準装備。停電時に自立出力で200VAC電力を必要とする電気機器への対応を可能にしました。通常の100VAC出力にも対応できます。

  • JET認定
  • 水平設置
  • アルミ筐体
  • 重塩害IP65
  • 力率一定制御対応
  • 自立運転100V/200V
  • 手動復帰
  • FRT2017
  • DC/ACSPD
  • 自立運転出力機能

三相200V出力・信頼のJET認証取得モデル

M16Sの5つの特長

  • ● 最大変換効率99.1%
  • ● 50kW未満、低圧三相自家消費システムに最適
  • ● 100V /200V 自立運転出力対応(最大3kW 出力)
  • ● 最大入力電圧750V
  • ● 動作電圧範囲200〜750V(スーパーワイドレンジ入力電圧)
  • ● 最低起動電圧250V(明け方の少ない電圧でも起動)
  • ● 太陽電池入力・交流出力部にSPD(サージ保護デバイス)を搭載
  • ● 架台の下に設置できる水平設置対応(※1)
  • ● IP65の防塵・防水等級
  • ● 重塩害地設置対応(※2)
  • (※1)垂直に設置した場合と比べて、やや低い気温で温度制御がかかることがあります。
  • (※2)海水が直接かからない場所に設置してください